2021/10/23
先日も飯山市戸狩スキー場、山をを覆うような虹を見ましたが、またまた綺麗な虹に遭遇しました(^^)
 
 
第40回記念|a展開催!
  2021/10/21
中野市・ュ樹会が主催する一般公募絵画展覧会「|a展(れきみんてん)」が本日オープンです。
会期は10月21日〜11月7日(日)まで、中野市一本木公園、展示館にて開催中です!
是非とも来館いただき観覧くださいませ。

今年の展覧会は第40回記念展になりますので最高賞「第40回記念賞」を追加、(株)湯本工務店様スポンサーによる買い上げとなります。

また第30回以降の「歴代市長賞作品展」を同時開催しております。
小さな中野市の展覧会ではありますが中央で活躍される作家さんから、まだ絵を始めたばかりの新鮮な作家さん、作風もジャンルもまちまちで見応えがあります。

私が宣伝するのは、この展覧会を主催する事務局を仰せつかる身で、当然作品も出品中です。
コロナ禍において各展覧会が中止になる中での開催は、作者さんの励みでもあり皆様のご講評をいただければと思います。
 
 
シャインマスカット
  2021/10/16
お客様より今年から初めて出荷が出来るようになったという「シャインマスカット」をいただきました。
今までの巨峰より切り替えをし、いよいよ待ち望んだ日が来たというところでしょうか。

私もブドウ農家さんとの付き合いもたくさんあるので、栽培の苦労やら作物の傾向を耳にする事も多々有ります。

今年の価格は相変わらずシャインマスカットは高値で、皆さんが巨峰からシャインマスカットに生産を移行している影響もあり巨峰が品薄で巨峰の値段も昨年以上に上がっているそうです。
また、ネット販売を手がけるお客様からはリンゴは安くてもなかなか売れない時代に、ブドウは出品してすぐに完売になってしまうのだとか。

中野市はブドウ生産農家さんがたくさんおり、利益が出れば私どもにも廻り巡って恩恵があります。
それにしても、色々なお客様より美味しい作物をいただけるなんて、本当に幸せを感じますね(*^_^*)
 
 
トヨエース、ウインカー故障修理
  2021/10/16
トヨタ・トヨエース(N-LY50)のフラッシャーランプもハザードランプも点滅しなくなりました。ここまでウィンカーランプ無しで交差点を何カ所か、お疲れ様でした(^^;)

ヒューズは問題なく、スイッチからの信号を確認しようとステアリングコラム廻りをバラし点検を進めます。
ウィンカースイッチ接点の不良でした。
今の時代でしたら迷わずアッセンブリ交換の話ですが、接点を分解・清掃・みがきをして組み戻し。
問題なく治りました!

昭和60年車のこのお車。私が整備の職に就いた頃のこの時代はこんな風な整備が日常茶飯事だった事を思い出しました。
 
 
JA11Vジムニーターボチャージャー
  2021/10/15
車検でお預かりのジムニー(V-JA11V)ですが公認で車高も上がっており、ごっついタイヤに顔もジムニーらしく決まっており格好よいお車です。

それはさておきフルスロットルで加速をするとエンジンの頭打ち前で失速します。
加給圧力が上がりすぎて燃料カットを行っている様です。
原因はターボチャージャーのアクチュエーターが固着しており作動しておりませんでした。
ひとまずお客様はそれほど不具合を感じていない模様なのでアクチュエーターを数ミリ動かして排気通路を若干開放させてタービンは効くが燃料カットをしない程度に調整させていただきました。

当然、ターボチャージャー交換の必要性もお伝えしております。

この症状は腹下にタービンのあるホンダ・バモスでいやというくらい経験している症状です(^^;)
 
 
JB23Wジムニーエンジン載せ替え
  2021/10/16
スズキ・ジムニー(ABA-JB23W)のエンジン内部からメタル打音が出てしまい、安心のリビルトエンジンにて載せ替えを行いました。

この系統作業は最近は息子が担当しております。
最終チェックで昔はボルトの締めや、バンドの固定等うるさく指導をしたものですが最近では何の指摘も要らなくなりました。

また、息子はヤマトク自動車公式ツイッターなるものを発信しております。
私はノータッチですがよろしければご覧くださいませ(^^)

@yamatoku2236
 
 
キャタライザー詰まり
  2021/10/12
スズキ・キャリートラック(V-DD51T)のエンジンがふけ上がりません。
かかりは悪く無く、アイドリングも安定しております。
キャブレターのオートチョークが戻りが悪くなる傾向にあるこの手の車両ですが、そこも問題ありません。

やはりここはキャブレターが問題ありかな???そんなイメージであれやこれや考えながら、吸気の吸い込みが悪いかな?
もしやと思いキャタライザー(触媒)破損による排気通路詰まりを疑いマフラーフロントパイプを外して触媒内部を確認しました。

まさかの破損触媒の編み目が横を向いておりました!
本調子とまではいきませんでしたが、ひとまずひとつの原因発見という所でしょうか。
 
 
エブリィ走行不能
  2021/10/11
川崎よりお客様のところに訪ねてこられた方の車両、スズキ・エブリィターボ(GH-DA62W)ですが、近所で走行不能となりました。
電話でのお話からレッカー搬送が必要のようでした。

ATのギヤを入れても前も後も全く動じません。
おそらくATミッション内部の油圧不良ですので、お客様にはうまくいってミッションオイルのストレーナー詰まりによる交換。
最悪、ミッション交換。というお話でお預かりしましたが、やはりストレーナーの詰まりによるものでした。
オイルパンを外してストレーナーを詰まりを確認、清掃して仮に組み付け。
走行可能かまで確認してOKでしたので、部品発注。

予定の滞在より一日長くなりましたが無事に神奈川までお帰りになりました。
 
 
イグニッションコイル交換
  2021/10/09
ハマーH3のエンジン不調、チェックランプ点灯です。

明らかに気筒が何処か死んでいる(失火している)模様です。エンジンがばらつきアイドル不調、加速不良。。。

診断機を接続するとGMの場合は失火信号が入り込んでいますが何処の気筒のエラーと出ておりません。
ただし別項目でデータモニタリングの「失火データ」があり1番と4番の失火でした。
この項目がある様に、点火系の失火は国産・輸入車問わず定番の故障ですね。
 
 
フォークリフトエンジン始動不良
  2021/10/08
お客様よりお電話をいただき出張修理です。
トヨタフォークリフト「7FGL15」のエンジンがかからなくなってしまったと!

現場にてセルモーターが回らない、バッテリーを繋いでみるも変わらず、ヒューズは問題なし、セルモーターへの信号を確認し電源が来ない、スイッチは問題なし、ヒューズからリレー間の配線が断線しております。
リレー単体も問題なしで、断線部分の配線修理にて完了です。

現場仕事は持っている道具や部品が限られますので、大変な分、技量を試される面白い仕事でもありますね(^^)
 
 
前ページ TOPページ HOMEページ 次ページ


script by KENT WEB
designed by ピクセル工房
PIXmemo-1 Ver.1.0